起業・独立

スポンサーリンク
起業・独立

株式会社を設立する前に知っておくべき『発行可能株式総数』の決め方とは?いくらが適切なのか

株式会社を設立する前に決める重要事項一つに「発行可能株式総数」があります。 1株の価額を決め、発行済株式総数・発行可能株式総数について定款と登記簿に記載しなければなりません。 この発行可能株式総数をテキトーに決めてしまうと、後...
起業・独立

東京・上野のコワーキングスペース『いいオフィス』の評価は?実際に行ってみた感想と口コミ・評判まとめ

先日内覧した上野のシェアオフィスが、サービスのコスパが高く予想以上にオシャレでキレイだったので紹介させていただきます。 そこは『いいオフィス上野 by LIG』というオフィスです。 利便性とデザイン性を融合したことで、リラック...
起業・独立

【超簡単】開業届の書き方・出し方を完全解説!個人事業主になるための手続き3ステップ【開業freee】

副業の所得が20万円を超えたなら、個人事業主になることをお勧めします。 個人事業主になると、青色申告という最大65万円の控除を受けることができるようになるからです。 しかし個人事業の開業届は、手続きが面倒で難しいイメージを抱い...
起業・独立

スタートアップで顧問税理士は必要?必要性と報酬相場について解説

会社設立と顧問弁護士というのは、昔からのビジネスモデルです。 起業すれば、必ず顧問税理士をおすすめするDMが大量に届きます。 設立したばかりの法人でも、本当に顧問税理士は必要なのでしょうか。 今回は、そんな顧問税理士の必...
起業・独立

起業の成功率は1年目ですべて決まる!?起業成功パターン9選

多くの人は「起業とはハードルの高い大きなチャレンジだ」という勘違いをしています。 実は、日本は5年以内の廃業率はたった18.3%のため、起業に対してそこまで気負う必要はありません。 しかし、5年間生き残る=成功ではありません。...
起業・独立

起業して会社を設立するときの資本金の額はいくらがいいの?

2006年5月の会社法改正により、資本金1円からでも会社を設立できるようになりました。 しかし、実際に資本金1円の企業というのは存在しません。 会社の資本金というのは、RPGで例えるとHP(体力)です。 資金がショートし...
起業・独立

3月決算がベスト?起業するとき決算月を決める3つのポイントを解説

決算と言えば、多くの方は3月をイメージするかもしれませんが、法人は決算月は特に定めがありません。 個人事業主にとっての決算は確定申告であり、時期は12月に統一されています。 一方、法人は決算月を自由に設定することができます。 ...
起業・独立

株式会社を設立すると赤字でも発生する「公告」の義務とは?

株式会社を設立すると、年に1度「公告」を行う義務があります。 以前、会社を設立すると赤字でも発生する法人住民税(均等割り)について記事を書きましたが、実はこの「公告」も同様で、たとえ赤字でも行わなければならず、その方法によっては数万...
起業・独立

個人事業主になるメリットとは?副業サラリーマンよりも個人事業主の方が有利な3つのメリット

個人事業主やフリーランスと呼ばれる方の多くは、税務署に開業届を出しています。 開業届を出さなくても事業は行えますが、一体なぜわざわざ開業届を出すのでしょうか。 開業届を出して個人事業主になるメリットを見ていきましょう。 ...
起業・独立

【解説】株式会社vs合同会社どちらがいいの?

2006年の新会社法施行により、資本金1円からでも起業できるようになり、また日本で当時半分以上の割合を占めていた「有限会社」がなくなりました。 代わりに誕生したのが「合同会社(LLC)」であり、年々設立数が増加しています。 そ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました