秋葉原・渋谷・池袋で最安のバーチャルオフィス『パルミール』の評判・口コミと評判まとめ

バーチャルオフィスのパルミール起業・独立

東京の千代田区秋葉原・渋谷区渋谷・豊島区池袋、そして大阪・梅田の4か所に拠点を持ち、これら住所を月額たったの1,800円から借りられる『パルミール』という格安バーチャルオフィスがあります。

『パルミール』の東京にある3拠点は、各エリアで最安のバーチャルオフィスを提供しています。

今回は、そんな格安バーチャルオフィス『パルミール』をご紹介します。

パルミールHP:https://www.palmyre-b.com/

スポンサーリンク

パルミールの月額料金

パルミールの基本プラン料金は以下となっています。

 入会金利用料金デポジット初期費用合計
毎月払い5,000円3,000円/月10,000円18,000円
半年1括払い5,000円12,000円10,000円27,000円
1年1括払い5,000円21,600円10,000円36,600円

1年1括払いすれば、1ヶ月あたり1,980円(税込)から使用することができます。

この価格は、千代田区・渋谷区・豊島区の各エリアで最安値のバーチャルオフィスです。

税込みでも2,000円を切る激安オフィスです。

パルミールの評判・口コミ

パルミールの評判・口コミについてですが、残念ながら2020年8月時点でGoogleマイビジネスや全国法人データベース、TwitterやFacebookを探しても口コミは1件も見つかりませんでした。

4拠点全て調べましたが、いずれの拠点もGoogleマイビジネスにクチコミは0件です。

パルミールの評判・口コミを知るためにせっかくこの記事を見に来た方に申し訳ないので、筆者の評価を後述します。

パルミールのサービス内容

パルミールでは、法人登記できる基本プランのみなので非常にシンプルです。

前述の通り、秋葉原・渋谷・池袋・梅田の4拠点から希望の住所を選択して利用することができます。

オプションは下記の7つです。

  • 電話転送 2,000円/月(初期費用:2,000円)
  • 郵便物都度転送 1,000円/月
  • 郵便物転送(1週間ごと) 500円/月
  • 共有FAX 500円/月
  • 専用FAX 2,000円/月(初期費用:2,000円)
  • レンタルwifi 8,000円/月
  • 契約書発行 1,000円/通

郵便物の保管期限は30日間で、30日を過ぎると破棄されるルールになっているので定期的に来館して受け取りに行く必要があります。

郵便物を転送してほしい場合はオプションを利用すれば対応してもらえますが、オプション料金+実費が発生してしまうため、お得に利用するならやはり直接来館して受け取ることをおすすめします。

パルミールの特徴

秋葉原・渋谷・池袋・梅田の4拠点から好きな住所を選択可

パルミールでは、秋葉原・渋谷・池袋・梅田の4拠点から好きな住所を選択して利用できます。

東京の千代田区秋葉原・渋谷区渋谷・豊島区池袋、そして大阪府大阪市北区梅田、いずれもビジネス街で一等地です。

東京の一等地を本社住所としたい方にはもちろん、大阪に本社または支店を持ちたいという方のニーズにも応えることができるバーチャルオフィスとなっています。

郵便物の受取期限は30日間で、30日を過ぎると破棄

パルミールは郵便物の受け取り期限は30日間となっており、30日を超えると廃棄されるというルールになっています。

そのため、定期的に直接オフィスへ来館するか、郵便物転送のオプションを利用する必要があります。

郵便物を転送してくれるオプションは下記の2種類です。

  • 郵便物都度転送 1,000円/月
  • 郵便物転送(1週間ごと) 500円/月

「郵便物都度転送」とは、郵便物が1通でも届けば転送してくれるものです。

一見便利なオプションに見えますが、郵送費実費料金のためお得とは言えません。

これらのオプションを利用すると、オプション料金+送料実費が発生して結局割高の料金になってしまいます。

オフィス近郊に住んでいるなら直接郵便物を受け取りに行けますが、地方在住の方は受取に行けないため、郵便物を転送してもらうオプションを利用するしかありません。

つまり、地方在住者には不向きなバーチャルオフィスと言えるでしょう。

書留や宅配便の受取も対応しているが有料

パルミールの4拠点は、いずれもスタッフが常駐しているので書留や宅配便など捺印・サインが必要なものでも受取には対応していますが、押印代1件300円と有料です。

つまり、銀行のキャッシュカードや法人クレジットカードといった書留の受取には300円の手数料がかかってしまうということです。

起業初期は書留が届くことが多いので、パルミールの住所で会社設立すると料金が割高になってしまう可能性が高いでしょう。

筆者の評価:郵便物の管理費用で結局割高になってしまうのでおすすめできない

パルミールの1ヶ月あたりの利用料金は確かに格安です。

しかし郵便物の保管期限が30日間というルールのため、お得に利用するには郵便物を1ヶ月以内に都度受け取りに行く必要があります。

郵便物を転送してもらうにはオプションを利用するしかなく、オプション料金+送料実費を払うと結局割高になり、それなら基本プランに郵便物転送サービスが付いている他のバーチャルオフィスの方が良いのではないかというのが正直な感想です。

郵便物を代わりに保管・転送してもらえるというのは、バーチャルオフィスでは欠かすことのできない重要なサービスですので、ここにもっと重点を置いたサービスを提供してほしいと感じました。

一方、格安だけど4拠点全てにスタッフ常駐というメリットもあるので、各拠点の近くに住んでいる方なら郵便物をすぐ受け取りに行けるのでありかもしれません。

格安という点に囚われず、自身の用途とサービス全体を判断した上で検討しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました