エックスサーバーからConoHa WINGに移行しても表示速度はそこまで速くなかった/3つのツールで比較検証

ConoHa WINGブログ

国内のレンタルサーバーと言えば「エックスサーバー」が王者に君臨しています。

シェア・知名度・信頼性において圧倒的な人気を誇り、多くのブロガーがエックスサーバーをお勧めしています。

しかし近年、『国内最速』という宣伝文句でConoHa WINGコノハウィングというレンタルサーバーが台頭してきました。

「ConoHa WING」はIT企業大手のGMOインターネットが運営しており、今最も勢いのあるレンタルサーバーです。

そして先日、当サイトのレンタルサーバーを「エックスサーバー」から「ConoHa WING」にお引越ししました。

今回は、そんなレンタルサーバー「ConoHa WING」についてレビューしていきます。

スポンサーリンク

結論:思っていたほど表示速度は速くならなかった

結論からすると、表示速度はあまり速くなりませんでした。

3つの表示速度測定ツールで比較検証してみました。

PageSpeed Insights

まずはGoogleが提供する有名な測定ツール「PageSpeed Insights」の測定結果です。

以下は、モバイルの測定結果です。

エックスサーバーの頃は50ポイント前後でしたが、ConoHa WINGに移行してから55ポイント前後のスコアを出してくれるようになりました。

速度インデックス値は明らかに改善されており、さすが『国内最速』を謳うレンタルサーバーです。

Test My Site

Googleが2017年に提供を開始した、比較的新しい「Test My Site」でも測定を行いました。

モバイルフレンドリーかどうかの測定に特化したツールです。

PageSpeed Insightsでは改善が見られていましたが、モバイル表示速度は0.1秒減といまひとつな結果となりました。

当サイトの表示速度が遅い原因は、やはりGoogle Adsenseの表示やサイドバーへのTwitterタイムラインの表示など外部コードの読み込みです。

やはり高性能サーバーでも、外部コード読み込みによる表示速度低下は補えないようです。

GTmetrix

Google PageSpeedとYahoo YSlowを使用した実際のブラウザでのパフォーマンスと速度を分析してくれる「GTmetrix」でも測定しました。

パフォーマンスはほとんど変わりませんが、Page Detail(ページ表示)が僅かに改善されていることが分かります。

エックスサーバーからConoHa WINGへ移行した3つの理由

理由①エックスサーバーより安くて速い

エックスサーバーよりConoHa WINGの方がWebサーバー処理速度が優れていることは事実であり、実際に当サイトの表示速度も僅かですが向上しました。

また、ConoHa WINGは長期利用割引がエックスサーバーよりもお得です。

12ヶ月契約24ヶ月契約36ヶ月契約
エックスサーバー X10プラン1,000円×12ヶ月
12,000円
(税込13,200円)
950円×12ヶ月
22,800円
(税込25,080円)
900円×12ヶ月
32,400円
(税込35,640円)
ConoHa WING ベーシックプラン900円×12ヶ月
10,800円
(税込11,880円)
850×12ヶ月
20,400円
(税込22,440円)
800円×12ヶ月
28,800円
(税込31,680円)

12ヶ月契約で1,320円、24ヶ月で2,640円、36ヶ月契約で3,960円もConoHa WINGの方がお得なのです。

また、ConoHa WINGは初期費用無料なのでサーバー移行にコストもかかりません。

さらに、ConoHa WINGでは「WINGパック割引キャンペーン」が定期的に開催されているので、上記の金額よりさらに安く契約できる機会があります。

このように、コストパフォーマンスではエックスサーバーよりもConoHa WINGが優れています。

理由②ConoHa WINGのWordPressかんたん移行ツールで引越しが簡単だった

レンタルサーバーの移行で最もネックになるのが、サイトのデータ移行です。しかし、ConoHa WINGが提供している『WordPressかんたん移行ツール』があったため、簡単にサーバー移行することができました。

ネームサーバーやFTPサーバーについてよくわからない私でも簡単に移行できたので、サーバー知識が無くても問題ありません。

サイトデータの一括移行はサポートページを見ながらするだけで、30分~60分程度で完了します。

理由③エックスサーバーのちょうど更新月だった

エックスサーバーの利用期限が2020年6月30日までだったため、このままエックスサーバーを更新するかConoHa WINGへ移行するか迷った結果、ConoHa WINGへの移行を選びました。

「ConoHa WING」は2018年9月26日から提供が開始された新しいサーバーであり、「国内最速のレンタルサーバー」という触れ込みも以前から気になっていたため、移行を決意しました。

まとめ:急いで乗り換えるほどではない

「表示速度が劇的に改善しました!」「体感できるほど表示速度が速くなりました!」と紹介されているブログをいくつか見てきましたが、過大広告だと思います。

ConoHa WINGで体感できるほど表示速度は速くなりません。

しかしながら、測定の結果から多少は表示速度が改善したことは事実です。

ロリポップ⇒エックスサーバー⇒ConoHa WINGと3つのレンタルサーバーを乗り継いできましたが、中でもConoHa WINGはサーバー管理画面が一番使いやすく、またコストパフォーマンスも高いです。

急いで乗り換えるほどの結果ではありませんでしたが、利用しているレンタルサーバーの期限が近くなってきた方や表示速度を少しでも改善したい方は、この機会にConoHa WINGへの移行を検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました