あのDMM.comが運営する『DMMバーチャルオフィス』の評判・口コミと特徴まとめ

DMMバーチャルオフィス起業・独立

エンタメ業界の大手企業として有名な合同会社DMM.comが2021年6月、バーチャルオフィス事業に参入しました。

名称はそのまま『DMMバーチャルオフィス』です。

今回は、そんなバーチャルオフィス業界に突如現れた大物『DMMバーチャルオフィス』をご紹介していきます。

スポンサーリンク

DMMバーチャルオフィスの月額料金

住所貸しプラン
入会金5,000円(税込:5,500円)
※今キャンペーンで入会金が無料
保証金初月のみ5,000円
月額料金2,300円(税込:2,530円)
※銀座店は月額2,700円(税込:2,970円)

DMMバーチャルオフィスは銀座店と渋谷店の2店舗あり、銀座店は渋谷店よりも料金が400円高く設定されています。

そして渋谷店は、渋谷区で5番目に安いバーチャルオフィスです。

ちなみに、渋谷区最安のバーチャルオフィスはレゾナンスです。

大企業が運営しているという信頼性がありながら、なおかつ料金を低く抑えられているところにDMM.comの本気度が伺えます。

DMMというネームバリューを活かした強気の料金設定にはせず、しっかりニーズとマーケットを理解した格安料金設定にしているあたり、さすがは大企業の新規参入です。

郵便物転送は週1回(木)転送され、送料はお客様負担、オプションで即時転送もあるなど一般的なバーチャルオフィスの機能は当然全て備わっております。

DMMバーチャルオフィスの評判・口コミ

DMMバーチャルオフィスはサービスが始まったばかりのため、2021年9月時点でGoogleマイビジネスや全国法人データベース、TwitterやFacebookを探しても口コミは1件も見つかりませんでした。

DMMバーチャルオフィスの評判・口コミを知るためにせっかくこの記事を見に来た方に申し訳ないので、筆者の評価を後述します。

DMMバーチャルオフィスの特徴

DMMバーチャルオフィス

運営母体が業界最大級という安定感と安心のサービス品質

運営母体の大きさで言えば、バーチャルオフィス業界では頭一つ抜けて業界最大と言えるでしょう。

従業員数1700名以上、売上高は2000億円を超える超大手企業であるDMM.comが運営しているのです。

その辺の不動産会社がぽっと出で展開するバーチャルオフィスとは、安心感やサービス品質がまるで違います。

実際にバーチャルオフィス事業は参入障壁がそこまで高くないため、劣悪な運営体制のところも少なくありません。

そういった意味でも、DMMバーチャルオフィスは信頼性抜群です!

銀座店と渋谷店の2拠点展開だが、銀座店の方が月額料金が少し高い

DMMバーチャルオフィスは銀座店と渋谷店の2店舗が存在します。

同じ料金とサービスだと思う方が多いかと思いますが、2店舗で料金とサービスが少し違います。

まず料金ですが、渋谷店が月額2,300円(税込:2,530円)なのに対し、銀座店は月額2,700円(税込:2,970円)と400円高く設定されています。

次に郵便物の受取について、渋谷店は郵便物の来店受取NG、銀座店は郵便物の来店受取OKとなっています。

おそらく、銀座店には郵便物を渡すためのスタッフが常駐していて、そのサービス料金として料金が少し高くなっているのではないかと考えられます。

この2店舗の違いを理解した上で、DMMバーチャルオフィスの利用を検討しましょう。

簡易書留や宅配便(規定内)の受取にも対応している

簡易書留や宅配便など、受取にサインが必要なものもDMMバーチャルオフィスでは受取対応してもらえます。

宅配便の場合、3辺の長さの合計が120cm以下、15kg以下のものという規定があります。

他のバーチャルオフィスと少し違う点は、一般書留・簡易書留・特定記録で届いた郵便物は簡易書留で転送することになっているらしく、簡易書留での転送費用が地味に高いのが少し残念です。

150gまで660円/回151g〜500gまで880円/回
簡易書留で転送される際の料金

その他の細かいルールについては、DMMバーチャルオフィス公式HPの郵便物に関してというページをチェックしましょう。

貸会議室のサービスはない

バーチャルオフィスの中には、貸会議室を運営しているところもありますが、DMMバーチャルオフィスは貸会議室の提供を行っていません。

もし商談や打ち合わせが必要になった際は、他のワークスペースやシェアオフィスを探す必要があります。

新型コロナウィルスの影響もあり、対面での商談や打ち合わせを行うこともほとんどなくなったためあまりデメリットにはならない点かもしれませんが、対面での打ち合わせやセミナーを行うような事業を行う方には不向きなバーチャルオフィスかもしれません。

筆者の評価:大手企業が運営する格安バーチャルオフィスとして、万人におすすめできる

DMMバーチャルオフィスは、どんな個人事業主や起業家にもおすすめできる良いバーチャルオフィスであるというのが総評です。

誰もが知る大手企業DMM.comが運営している安心感とリーズナブルな月額料金、サービス内容などどれをとっても素晴らしいバーチャルオフィスと言えるでしょう。

しかし、DMMバーチャルオフィスが展開している銀座と渋谷には、レゾナンスというより格安で評判が良いバーチャルオフィスが存在するため、このエリアではバチバチの競争が繰り広げられることが想定されます。

DMMというビッグネームバリューを活かし、この競争の激しいエリアで今後どう展開していけるかに注目です。

合わせて読みたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました